いつかみたソラ  

タグ:紅葉 ( 31 ) タグの人気記事

紅葉降る御船山へ 2




c0281841_15441043.jpg
11月14日 佐賀県武雄市 御船山(みふねやま)楽園

ゆっくりゆっくり
行く秋を惜しみながら





c0281841_15441325.jpg



万葉の色を尽くして秋ゆきぬ



c0281841_15441684.jpg






c0281841_15443999.jpg





c0281841_15444384.jpg





c0281841_15444537.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-27 13:17 | 季節 | Trackback | Comments(0)

紅葉降る御船山へ




c0281841_00185039.jpg

佐賀県武雄市 御船山楽園 11月14日

近いようで遠い佐賀です。
誘ってくれる友人たちには、感謝、感謝。
本当にありがたいことです。




c0281841_23221467.jpg

紅葉が
まるで降ってくるみたい。。








c0281841_23475600.jpg








c0281841_23222110.jpg







c0281841_23222578.jpg






感謝をこめて
c0281841_23222818.jpg
続きます






[PR]
by soraski | 2018-11-26 05:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(3)

紅葉晴れ




c0281841_14513492.jpg
11月11日 宮崎県東臼杵郡椎葉村大河内 大河内(おおかわうち)小学校にて

5月に来た時は、学校前の川を元気に泳ぐ鯉のぼりが、とても印象的でした。
今回もあたたかい日ざしと紅葉に迎えられ、やっぱり来てよかった。

学校のHPのブログに、稲刈りの時の様子が載っていました。
学校前の欄干に、刈った稲をかけ干しにしている写真もありました。
それがこれ ↓でした。
見せてもらっているうちに、何だかにっこりしている自分。
全校生徒7名、そのうち先生の子どもさんが何人かな~^~^




c0281841_14513192.jpg




紅葉晴峡の校舎をそめあげて




c0281841_14514154.jpg






c0281841_14513884.jpg




大河内を出発してからのコースは、
西米良村(宮崎県児湯郡)~湯前町(熊本県球磨郡)~えびの~
でした。

水力発電所に何度か呼び止められたり、
季節外れのヒマワリ畑に出会ったり、
市房山をバックにパラグライダーが飛んでいたり、
秋の良き一日となりました。



c0281841_14520814.jpg





c0281841_14523476.jpg







[PR]
by soraski | 2018-11-25 15:28 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

朝の光のなかで




c0281841_11351454.jpg
宮崎県の椎葉村・矢立地区から見た紅葉山。
夕日と違って、朝日の中でみる山は
紫がかってまた綺麗でした。





c0281841_11352124.jpg







c0281841_11352662.jpg
宮崎県の椎葉村大河内川の口集落センター付近
九州山地のど真ん中という感じです。

ここ辺りで見た紅葉が、今回一番鮮やかでした。
紅葉と芒の組み合わせが夢のように美しく、
ここでもついつい
写真を撮りすぎました。






c0281841_11352982.jpg






c0281841_11353290.jpg

暖かい日が続いたので、気分はまだ秋ですが、
耳をすませば冬の足音も聞こえてきそう。。



c0281841_11353667.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-21 05:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

紅葉山




c0281841_16080894.jpg
11月10日  宮崎県の山中にて。

ようやく燃えるような紅葉に出会う事ができました。





c0281841_16081296.jpg





斜めから射す日が、
木々を色鮮やかに、引き立ててくれました。

c0281841_16081834.jpg





宮崎県東臼杵郡美郷町の鬼神野(きじの)神社

c0281841_16082203.jpg





c0281841_16082539.jpg





c0281841_16082951.jpg






c0281841_16083256.jpg




綺麗で、嬉しくって、
ついつい
撮りすぎてしまいました。
c0281841_16083816.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-20 05:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

紅葉を求めて山中へ




c0281841_15302774.jpg
宮崎県の木城町にある、日向新しき村を出発してからの写真を続けます。

小丸川に沿う山々は、ご覧のとおり、独特の景観です。 ↓
色づいた樹を見るのは稀で、それは照葉樹林の山々だからです。
照葉樹林は、
雨が多い、亜熱帯から温帯の地域に分布します。
伐採などの手を加えると、落葉広葉樹の混交林になってしまうそうで、
この辺りでしか見る事の出来ない貴重な景観、という事になりますね。
いつまでも残って欲しい景観です。

小丸川はやがてダム湖にになりますが、
その横をはしる、狭い道には青紫色のミミズ(ミミズだとわかるまで、時間がかかりました)の死骸が
そこらじゅう貼りついていていました。
最初は大きな木の実か、花の咲き殻が道路に落ちて
潰れてしまったのかと思っていましたが、
動く個体を見て、初めてミミズだと認識したのです。
名を、カンタロウミミズ、または、シーボルトミミズというそうです。
なんでも、越冬するために、山中から谷底へ大移動するのだそう。
ショックでしたね~、気にしていたら道路を走れないし、
これも自然、、、


c0281841_15303196.jpg
宮崎県の木城(新しき村)町~日向市東郷~美郷町南郷

九州山地の奥へ向かいます。





照葉樹の山に別れを告げると、
少しづつ、紅葉した木々が姿を見せはじめました。
c0281841_15303943.jpg







c0281841_15304250.jpg









c0281841_15304755.jpg






狭い道を走り、さらに九州山地の奥へ。
c0281841_15305016.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-19 15:24 | 自然 | Trackback | Comments(0)

晩秋の根子岳 2

c0281841_13083502.jpg
(予約投稿です)
鍋の平キャンプ場より根子岳

天狗がすぐそこに見えます。
地震で一部崩落したため、立ち入り禁止です。





c0281841_13084120.jpg






c0281841_13084968.jpg






麓からもう一度根子岳を見る。
圧倒的な姿だ。
c0281841_13085240.jpg






c0281841_13085555.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-11 05:00 | | Trackback | Comments(0)

晩秋の根子岳





c0281841_14435541.jpg



(予約投稿です)
11月1日  根子岳の麓にて

根子岳の紅葉が見頃を迎えた、とニュースで言っているのを聞いて、
句会が終わった後、そのまま根子岳へと向かいました。
午後からのほうが、根子岳に太陽光が当たるのでは?
と思ったのですが、間違っていたようです。
根子岳山麓に着く頃には、太陽は殆ど顔を見せてくれなくなりました。
寄り道も多かったし、、。
紅葉はこれからなのか、ピークなのか、遅かったのか
よくわかりませんでした。
やっぱり光がないと淋しいです。




c0281841_13543217.jpg








高森町上色見
ここまで来ると、根子岳が集落のすぐ後ろへと迫ってくるようで、
迫力ありすぎて、怖い、、

c0281841_13544280.jpg





そして
鍋の平キャンプ場へ。
晴れていると夢のように美しい草地の向こうに
根子岳を見ることができますが、また、来年。
c0281841_13544591.jpg






c0281841_13544827.jpg






c0281841_13545126.jpg






c0281841_13545520.jpg




・・・・・・・・・・・




ある日の夕景
c0281841_14400747.jpg










[PR]
by soraski | 2018-11-10 05:00 | | Trackback | Comments(0)

「散りぬべき時知りてこそ世の中の花も花なれ人も人なれ」 ガラシャ辞世の句




c0281841_12173974.jpg
11月27日 熊本市中央区黒髪 立田自然公園 「細川家菩提寺泰勝寺(たいしょうじ)」跡





万葉のもみぢ明りやガラシャ廟    一子





日を透かした紅葉も、
杉木立に囲まれた苔園も静寂そのものでした。
c0281841_12180997.jpg





c0281841_12183886.jpg




まるで竹取物語の舞台のようです
c0281841_12190978.jpg





c0281841_12193869.jpg




細川ガラシャの墓や愛用したつくばいを見てきたのですが、
写真には撮っていませんでした。
c0281841_12203865.jpg



公園を出て家家の間の小道を歩きます。
文学の香りが漂ってきます。
この下宿先から歩いて寺田寅彦は、坪井にある漱石の家へ通ったのでしょうね。
こちらの記事が面白かったです→ 「日めくり漱石」
c0281841_12210993.jpg



猫にちら見されました。
c0281841_12213950.jpg
OLYMPUS E-5





[PR]
by soraski | 2017-12-01 12:55 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

紅葉と栴檀と猫

c0281841_14024519.jpg
11月27日  熊本市中央区黒髪 小峯墓地公園




街の紅葉が今とても綺麗です。
友人が送ってくれた写メを見てとんでいきました。
私の写真では伝わりませんが、
日を透かした紅葉の上に紅葉が幾重にも重なり、その間から青空が遠くに見え気が遠くなりそうでした。
先に写真を撮っていらっしゃった方が、
この景色の下に眠っている人の名前を教えてくださいましたが
何というお名前だったか・・・。
キーワードは、清正公、佐々、鹿児島、濟々黌、だったと思います。




c0281841_14024979.jpg







栴檀の木もとても美しかった。

c0281841_15162829.jpg


この辺りは道を歩けば猫に出会う、そんな地域です。
うちのいっちゃんもここの出身です。
「○○さんちにまた子猫が生まれた、どうか引き取ってもらえないか?」
知人からお願いされ会いに行った子猫に一目ぼれ。
その○○さん宅を探してみましたが、みあたらず、、。

カラーが外れてはまた傷を掻き壊す、を繰り返すいっちゃんです。
カラーも体の一部になりつつあります。
(外せー、という顔をしていますが)


c0281841_14025714.jpg
オリ E-5









[PR]
by soraski | 2017-11-30 14:34 | 花 樹 | Trackback | Comments(4)