いつかみたソラ  

タグ:廃校舎 ( 9 ) タグの人気記事

アコウの実



c0281841_14420339.jpg
南さつま市笠沙にある、玉林(ぎょくりん)小学校の校庭のアコウの木

玉林小学校は統廃合されて、すぐ近くの高台に移っています。
元・小学校の校庭にある大きな「アコウの木」が
今まで見たこともない姿になっていたので
寄ってみました。




枝に実がびっしりと付いて(生って)いるのです。
本当に本当にびっくり仰天!です。
これは一体なに~???
c0281841_14430335.jpg




こんなです。
ちょっと不気味、、、
c0281841_14433348.jpg
ネットで調べると
アコウはクワ科イチジク属。
花は実の中にあり、アコウコバチが実の中に入り込んで
受粉の役目を果たしているそう。
イチジク属だから、無花果(イチジク)と同じ性質のようです。

(「JAグループ福岡」のHP、「イチジクは花がないの?」を読んで
ようやく理解できました^~^)





c0281841_14440349.jpg





c0281841_14443379.jpg




アコウの木は南方系の植物です。
熊本では、天草に大きなアコウの木がありますが
そこ以外では見た記憶がありません。(本当はあるのかもしれない・・)
↓ これは沖永良部の和泊町立「国頭小学校」のアコウの木。
今まで見た中で一番大きなアコウの木。

c0281841_14481193.jpg
アコウ(wikipediaより)

樹高は約10 - 20m。樹皮はきめ細かい。幹は分岐が多く、枝や幹から多数の気根を垂らし、露頭などに張り付く。新芽は成長につれ色が赤などに変化し美しい。葉は互生し、やや細長い楕円形でなめらかでつやはあまりなく、やや大ぶりで約10 - 15cm程である。年に数回、新芽を出す前に短期間落葉する。ただし、その時期は一定ではなく、同じ個体でも枝ごとに時期が異なる場合もある。

5月頃、イチジクに似た形状の小型の隠頭花序を、幹や枝から直接出た短い柄に付ける(幹生花)。果実は熟すと食用になる。

アコウの種子鳥類によって散布されるが、その種子がアカギヤシなどの樹木の上に運ばれ発芽して着生し、成長すると気根で親樹を覆い尽くし、枯らしてしまうこともある。そのため絞め殺しの木とも呼ばれる。これは樹高の高い熱帯雨林などで素早くの当たる環境(樹冠)を獲得するための特性である。琉球諸島では、他の植物が生育しにくい石灰岩地の岩場や露頭に、気根を利用して着生し生育している。






[PR]
by soraski | 2018-06-13 15:36 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

芽吹山


c0281841_13323798.jpg
4月29日

もうあれから半月が経ってしまいました。
梅雨の気配を感じながら、
ブログは初夏で足踏みしています。








ツーリング二日目

森の駅・きじのを後にして39号線を南下。
すると廃校舎と思われる建物前にバス停発見。
「国際うなぎラボ前」と書かれていた。
c0281841_13335727.jpg
(宮崎県東臼杵郡美郷町南郷上渡川)




??? 一体なんだろう ???
元・校庭にお邪魔して写真を撮りました。
旧・渡川小学校です。
家へ帰って調べてみると、うなぎの研究所である事がわかりました。
放流したうなぎが、マリアナ諸島へ辿り着くのをどうやって確かめるのだろう?
とてもスケールの大きな研究のようです。
詳しくはこちらをどうぞ → 「国際うなぎLABO」



芽吹いた山が迫ってくるようでした。
c0281841_13342779.jpg





c0281841_13351752.jpg




つつじもきれいだった4月の終わり
c0281841_13354703.jpg

膨らみぬ里曲に近く芽吹山   いちこ


ふくらみぬさとわにちかくめぶきやま


「芽吹く」は春の季語ですが、
例えば夏の季語の「若葉」だと
あの迫ってくるような迫力は出ず、
むしろ爽やかな印象になると思うので
「芽吹山」にしました。



[PR]
by soraski | 2018-05-16 12:16 | | Trackback | Comments(0)

蒼天に白木蓮

c0281841_15490813.jpg
3月10日  鹿児島県日置市 吹上地区公民館にて





c0281841_15494500.jpg
楽しみにしていたのですが、少し遅かったです。
熊本ではようやく蕾が膨らみかけてきた時でした。




c0281841_15501620.jpg





c0281841_15504636.jpg





c0281841_15511415.jpg
でもこの青空に会えただけでもよかった。


蒼天を欲すがままに白木蓮     いちこ




c0281841_15521548.jpg




廃校舎ですが、公民館として利用されています。
c0281841_15514552.jpg
オリ E-3





[PR]
by soraski | 2018-03-19 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

黄落

c0281841_21405206.jpg
12月4日 鹿児島県日置市



もう一度足を運んでみました。
真っ青な冬空、とはいきませんでしたが、
それでも日差しがあると本当にきれい!
来てよかった。


c0281841_21405758.jpg
金色の風十方に銀杏散る

狭川青史




ゆっくりと歳時記をめくる時間はとても幸せです。
今日ひらいた歳時記は「馬酔木季語集」水原春郎編。

c0281841_21410200.jpg
オリ E-5








[PR]
by soraski | 2017-12-12 11:42 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

廃校舎と銀杏の木

c0281841_13245326.jpg
12月2日 鹿児島県日置市



日射しがなくて本当に残念でした。
時折は青空がちらっと見えたりもしましたが、ほんの一瞬でした。
というわけで、後日もう一度足を運ぶことにしました。



c0281841_13252338.jpg





c0281841_13255305.jpg
オリ E-5









[PR]
by soraski | 2017-12-08 13:32 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

名残の桜


c0281841_12303501.jpg
山都町野尻 4月13日



五ヶ瀬町からの帰り道に偶然見つけた学校跡地です。
校舎はありませんでした。
広い校庭跡に何故かタイヤがひとつ。
校庭の向こうでは桜が満開。



c0281841_12024441.jpg

辺りを少し歩いてみました。
人気のない納屋に朽ちた小屋。
桜はここで人の暮らしを見続けてきたのでしょう。



c0281841_12025566.jpg




c0281841_12025904.jpg





c0281841_12030530.jpg
ペンタ K-3







[PR]
by soraski | 2017-04-27 08:00 | 山里 田 畑 | Trackback | Comments(0)

白木蓮と廃校舎と蒲公英と

c0281841_12294477.jpg
3月15日 鹿児島県日置市吹上町入来




小学校跡に大きな白木蓮。
遠くから見ても青空に白い花が映えとても綺麗でした。
白木蓮の花びらはすぐに傷んでしまいますが、
このときはまだ無傷に近かったので見事でした。




c0281841_12294883.jpg

白木蓮空の鼓動のあるごとし

朝倉 和江

c0281841_12295661.jpg





c0281841_13574202.jpg
校舎の一部は公民館として使われていました



たんぽぽと白木蓮を一緒に撮りたかったのですが・・・
c0281841_13574508.jpg



最後のみiPhone
c0281841_13580689.jpg
ペンタ K-3
スマホ



[PR]
by soraski | 2017-03-30 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

廃校舎と銀杏の木 2


c0281841_23520320.jpg
12月11日 日置市




c0281841_23523262.jpg





c0281841_23530204.jpg





c0281841_1339945.jpg




c0281841_23533242.jpg

OLYMPUS E-3








[PR]
by soraski | 2016-12-25 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

廃校舎と銀杏の木


c0281841_23365186.jpg
12月11日 日置市にて



本当は垂水の千本いちょう園へ行こう、と出かけたのですが、
暫く走っているとこの景色に出会ってしまいました。
真っ青な空、黄金に輝く銀杏落葉、廃校舎・・・
思う存分写真を撮って、もう垂水へはいかなくていいね、と。

c0281841_23372192.jpg





c0281841_23375007.jpg




c0281841_23382182.jpg





c0281841_23385032.jpg
ペンタK-3




・・・・・・・・・・・・

二週間ぶりに熊本へ戻りました。
自宅前のアパートの解体がようやく始まりました。傾きかけていて危険な状態でした。
震災後、雨が降るとアパートの壊れた樋から大量の雨水が溢れていました。
断水が続いたのでその雨水を集めて使っていました。
雨水を集めるのに便利だったのが、プラスチック製の衣装ケースです。
キャスターがついていたので助かりました.



c0281841_12363217.jpg








[PR]
by soraski | 2016-12-24 13:21 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)