いつかみたソラ  

<   2018年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さな列車旅 - 山川駅

c0281841_12441096.jpg
1月20日
列車の窓から海の景色を楽しみつつ山川駅へやってきました。
山川と言えば「山川漬」。私の亡父は鹿児島出身です。
父方の親戚がよくお土産にもってきてくれてたな~
と懐かしく思い出しました。

山川は港町。南蛮貿易の中継地点として栄えてきました。
長い船旅に、熟成のすすんだ山川漬はぴったりだったそうです。





それにしても、のーんびりのどか( ・◡・ )♫
c0281841_12441607.jpg




c0281841_12442091.jpg





c0281841_12442441.jpg
海が近くなるとよく見かける植物。
コシロノセンダングサで間違っていないと思いますけど・・間違っていたら教えてください。
こうして調べてもカタカナの名前はすぐに忘れてしまいます。
小白栴檀草という和名でしたら頭に残るかも。





造花ですけど、南国っぽい
c0281841_12442819.jpg



上りの列車に乗るまでの約2時間半、
湾の先のずーっと遠くに見える(わたしにはそう見えた)道の駅まで
山川港の景色を楽しみながら歩いていくことにしました。
c0281841_12443257.jpg
オリ E-5








[PR]
by soraski | 2018-01-30 13:44 | 乗り物 | Trackback | Comments(0)

小さな列車旅 - 指宿枕崎線

c0281841_14143212.jpg
1月20日 鹿児島中央駅


旅名人の九州満喫きっぷの有効期限が切れる前に
電車に乗ってきました。




c0281841_14143515.jpg
中央駅を出発した枕崎行普通電車は、
市内電車と並んで走る場面があって面白かったです。
線路と線路の間に家が建っていたり、家庭菜園があったり。
よーく見ると猫の水飲み茶わんがあります。(私にはそう見えた)





c0281841_14143873.jpg
五位野(ごいの)駅。
平川動物園へ行くにはここで降ります。
動物のシルエットがいいな~
肝心のコアラのシルエットは撮っていませんっ。





c0281841_14144151.jpg


生見(ぬくみ)駅で特急電車の通過待ち。
少し時間があったので、ホームで写真を撮りました。

電車においていかれたらどうしよう!というのが頭にあって
落ち着きのない写真になっていますが、よく考えたら特急が来る前に発車するはずないのに・・・。


c0281841_14144417.jpg




c0281841_14144760.jpg




それに気が付いた時にはカンカンカンと警報器が鳴り始めました。
あわててカメラの設定を変え・・

特急電車って「指宿のたまて箱」だったんだ~!
これまた気が付くのが遅い。
c0281841_14145032.jpg



「あれ」が邪魔しています(笑)
c0281841_14145210.jpg
結局C-AFに変えるのを忘れていました。。



待春の南へむかふ列車旅    いちこ



c0281841_14145553.jpg
オリ E-5









[PR]
by soraski | 2018-01-28 15:33 | 乗り物 | Trackback | Comments(0)

冬の朝

c0281841_15193696.jpg
2018/01/20 金峰町

金峰山へ真っ直ぐに延びた一本道。
田んぼはすでに田植えにむけ
準備が始まっているようです。

南へ向かう列車に乗るために早めに出発。
この日は半袖で過ごせるような陽気になりましたが
又寒波がやってくるなんて
思ってもいませんでした。





c0281841_15194155.jpg




c0281841_15194367.jpg
オリ E-5







[PR]
by soraski | 2018-01-25 15:42 | | Trackback | Comments(0)

微妙な関係

c0281841_15123315.jpg
2018/01/02



仲良しではありませんが
認め合っているようです。・・たぶん。

オリ E-5





[PR]
by soraski | 2018-01-23 08:00 | 猫 いきもの | Trackback | Comments(2)

さぶとふう


c0281841_14460806.jpg
2018/01/02 さぶろー うっすらと鼻水が・・



外を監視中のさぶろー。
最近庭に宿敵?クロがちょくちょくやってくるからです。

c0281841_14461185.jpg



ふうちゃんは、
外のことよりこの日差しが大事。
暖かい窓辺でぐーぐーとひたすら眠ります。

ふうちゃんはこの時、口内炎がまた悪くなっていました。
ステロイドの注射はできるだけ間を空けた方が良いとのことで
飲み薬だけで約4か月がんばってきましたが
正月休み明けに病院へ連れていき、そのステロイド注射をうつことに。
そして家に戻ると・・
ずっとさぶの攻撃(本気ではなさそうですが)に耐えてきたふーちゃんが、さぶに反撃。
注射の効き目には驚くばかりで、さぶもびっくり。

今度はどのくらいもってくれるか・・・。


c0281841_14461430.jpg
オリ E-5








[PR]
by soraski | 2018-01-21 08:00 | 猫 いきもの | Trackback | Comments(0)

寒の月

c0281841_13424461.jpg
2018/01/02   金峰町  



金峰山からの月の出の瞬間は雲の中でした。
暫くねばってみましたが、雲はなかなか切れてくれません。
サンセットブリッジ(人と自転車のための橋です)を歩いて加世田側へ戻った時に
ようやく雲が切れました。 ↓
とても美しかったです。




満潮の入江をわたる寒の月   いちこ
c0281841_14005466.jpg









[PR]
by soraski | 2018-01-18 08:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)

満ち潮


c0281841_15442290.jpg

2018/01/02 南さつま市金峰町 サンセットブリッジ


この日は満月でした。夕日が沈み、
それから月の出を待ちました。
ひたひたひた、と思いがけない速さで
河口にも潮が満ちてきました。


寄する時大きくふくれ寒の潮   倉田紘文
(海の歳時記 大野雑草子編)



c0281841_15432580.jpg
オリ E-5











[PR]
by soraski | 2018-01-16 13:29 | 自然 | Trackback | Comments(0)

冬日向

c0281841_12560646.jpg
2018/01/02




小道に揺れる木々の影
すぐに消えてしまいそうで
急いで撮っていたところに
猫さんの登場です。

冬の日差しほど暖かく感じるものはありませんね。


c0281841_12563686.jpg
野の道の櫟にぬくむ冬日かな

小倉栄太郎



今日は「俳句歳時記・冬」 山口青邨編をめくってみました。





c0281841_12570687.jpg
オリ E-5


[PR]
by soraski | 2018-01-10 08:00 | 猫 いきもの | Trackback | Comments(2)

冬の草

c0281841_15023184.jpg
2018/01/02


枯れ色一色のように見える田畑も
日差しがある日にレンズを向けてみると・・
そこにはみずみずしい冬の草たち。
これから小さな花を開こうとしています。
(調べてみましたが、名前がわかりません)

c0281841_15034160.jpg
木々の間に輝く日あり冬の草

山西雅子



今日は角川の合本俳句歳時記をめくってみました。



c0281841_15054122.jpg




大根も飛び上がっています。

c0281841_15071108.jpg




熊本は、水曜木曜に雪マークがならんでいます。
c0281841_15320468.jpg
オリ E-5









[PR]
by soraski | 2018-01-08 15:56 | 山里 田 畑 | Trackback | Comments(0)

三社参り

c0281841_12501488.jpg
1月1日 南さつま市加世田 竹田神社


鹿児島での元日です。
今年の三社参りはまず竹田神社から。
竹田神社は島津忠良(日新公)を祭神としており
神社の境内には日新公のいろは歌、四十七石碑が並んでいます。
いろは歌とは、道徳の模範を広く口ずさめるように歌にしたものです(南さつま市観光協会さんより)
何だか薩摩らしい。
c0281841_12504377.jpg



いつもは静かな竹田神社ですが、屋台が出ていたりと
ほんの少し、賑やかでした。
c0281841_12511458.jpg


三社参り
九州と山口、広島、和歌山、茨城、千葉といった、
一部の地域の風習だと知ったのは数年前の事です。


c0281841_12514425.jpg





c0281841_12521463.jpg
次は金峰町の玉手神社

だーれも居ませんでした。
ここの神社には藪椿の大木があり
時期が来ると境内中、椿の花が敷き詰められます。

c0281841_12524420.jpg
最後は金峰町の南方神社

鳥居が二つならんでいます。
日の出は運よく見る事が出来ましたが、そのあとはこのとおり
一日暗い空でした。


元日のきこゆるものをひとり聞く

清水径子

俳句小歳時記 秋櫻子編をめくってみました。

オリ E-5








[PR]
by soraski | 2018-01-06 13:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)