いつかみたソラ  

カテゴリ:山( 25 )

晩秋の根子岳 2

c0281841_13083502.jpg
(予約投稿です)
鍋の平キャンプ場より根子岳

天狗がすぐそこに見えます。
地震で一部崩落したため、立ち入り禁止です。





c0281841_13084120.jpg






c0281841_13084968.jpg






麓からもう一度根子岳を見る。
圧倒的な姿だ。
c0281841_13085240.jpg






c0281841_13085555.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-11 05:00 | | Trackback | Comments(0)

晩秋の根子岳





c0281841_14435541.jpg



(予約投稿です)
11月1日  根子岳の麓にて

根子岳の紅葉が見頃を迎えた、とニュースで言っているのを聞いて、
句会が終わった後、そのまま根子岳へと向かいました。
午後からのほうが、根子岳に太陽光が当たるのでは?
と思ったのですが、間違っていたようです。
根子岳山麓に着く頃には、太陽は殆ど顔を見せてくれなくなりました。
寄り道も多かったし、、。
紅葉はこれからなのか、ピークなのか、遅かったのか
よくわかりませんでした。
やっぱり光がないと淋しいです。




c0281841_13543217.jpg








高森町上色見
ここまで来ると、根子岳が集落のすぐ後ろへと迫ってくるようで、
迫力ありすぎて、怖い、、

c0281841_13544280.jpg





そして
鍋の平キャンプ場へ。
晴れていると夢のように美しい草地の向こうに
根子岳を見ることができますが、また、来年。
c0281841_13544591.jpg






c0281841_13544827.jpg






c0281841_13545126.jpg






c0281841_13545520.jpg




・・・・・・・・・・・




ある日の夕景
c0281841_14400747.jpg










[PR]
by soraski | 2018-11-10 05:00 | | Trackback | Comments(0)

晩秋の南阿蘇 5




c0281841_12393958.jpg
(予約投稿です)
11月1日 阿蘇郡南阿蘇村両併  

ここは公民館の駐車場です。
いつも車を停めて、根子岳の写真を撮る場所です。
いつも誰もいません。長閑すぎて、先を急がなければいけない事を
忘れてしまいそうです。


c0281841_12394326.jpg





初・紅葉
コキア
c0281841_12394792.jpg





公民館前はバス停です。
こういう景色がしみじみと好きです。
c0281841_12395042.jpg





バスを待つベンチを秋日惜しみなく




c0281841_12395302.jpg




高森町へ入ると、いつもどおり
迫力満点の根子岳が迎えてくれました。

c0281841_12395662.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・



4日前の夕景です。熊本は、
11月下旬から12月11日頃までが、日の入りが一番早くなるそうです。

「各地のこよみ」→ここを見るとすぐにわかります。
c0281841_12400438.jpg




c0281841_12400866.jpg




[PR]
by soraski | 2018-11-09 05:00 | | Trackback | Comments(0)

晩秋の南阿蘇




c0281841_15101435.jpg
晩秋の南阿蘇へ(11月1日)

晩秋といっても、ぽかぽか陽気の毎日が続くので、ぴんときません。
でも、冬はもうそこまで来ています。
11月7日が立冬です。




c0281841_15101895.jpg




晩秋や牧草ロール阿蘇へ向き



c0281841_15100981.jpg





遠目にも、牧草ロールが整然と並んで見え、本当に気持ちがいい。
c0281841_15102162.jpg





10月31日の雲です。↓
まるで空を、大きな川が流れているようでした。
何処まで続いているんだろう、と妄想を逞しくする鱗雲でした。
日没後の夕焼けはちょっとばかり、不気味でした。
c0281841_15103285.jpg

[PR]
by soraski | 2018-11-05 15:28 | | Trackback | Comments(0)

絶景なり、薩摩富士





c0281841_14212922.jpg
南九州市頴娃(えい)町  番所鼻自然公園

ここから見る開聞岳のなんと美しいこと。
そう思うのは私一人ではありませんでした。
約200年前日本地図を作成するためにやってきた伊能忠敬も
「天下の絶景なり」と称賛したそうで、先を越されてしまいました。
その時伊能忠敬は66歳だったそうですが、すごいなあ~
自分の66歳を想像してみるが、、、。55歳から測量の旅に出たそうです。




貝殻絵馬にはささやかな願いごとが記されていました。
伊能忠敬が今の日本を見たらどう思うだろう。

c0281841_14215907.jpg





c0281841_14223437.jpg






c0281841_14233333.jpg




頴娃町の海には竜のおとし子が棲んでいるそう
c0281841_14241168.jpg




枕崎にて。空の青と船の白がとてもきれいでした。それにしても強烈な日射しでした。
c0281841_14244181.jpg





c0281841_14251169.jpg




最近のいち。朝目を覚ますといつも傍らでグーグー寝ています。
いちが先に起きた時は、早く起きてよ~、と
顔をぺろぺろ舐めてきます。
カラーを外して一ヶ月ほど経ちましたが、今のところ大丈夫。

c0281841_11132249.jpg
c0281841_14303527.jpg
台風20号、とても心配です。




[PR]
by soraski | 2018-08-23 15:24 | | Trackback | Comments(0)

桜島




c0281841_13520269.jpg
城山より「桜島」






c0281841_13514831.jpg






c0281841_13515246.jpg





白いアガパンサス
c0281841_13520503.jpg




c0281841_13521256.jpg


[PR]
by soraski | 2018-07-15 07:00 | | Trackback | Comments(0)

姫女苑と桜島




c0281841_13274564.jpg




c0281841_13274089.jpg
都市農業センターより桜島



[PR]
by soraski | 2018-07-14 07:00 | | Trackback | Comments(0)

新緑の候 日向~スカイロッジ銀河村




c0281841_14270882.jpg
4月28日 

新緑の季節がやってくると
九州山地の奥へ奥へとツーリングへ出かけるのが恒例でした。が
二年前は地震、、
そして去年はいっちゃんの手術。
そんなこんなで
二年ぶりの新緑ツーリングとなりました。

今年は宮崎県の日向から山へ入ることに。
今年こそは自力で走りたかったのですが、腕が痛くて通院中なので
夫のオートバイでタンデムツーリングです。

↑ 二子山林道から行縢、大崩山方面を望む







↓ 標高約900mにある、スカイロッジ銀河村キャンプ場です(宮崎県美郷町北郷宇野間)
随分前になりますが、ここでキャンプをした時に見た満天の星空は素晴しかった!
今回は瑞々しい新緑のシャワーを浴びながらの一休み。

c0281841_14273890.jpg




c0281841_14280874.jpg




c0281841_14283803.jpg



くぬぎ林のキャンプ場です
c0281841_00533236.jpg





c0281841_14293892.jpg






↓ 霧島サービスエリア
日向から五十鈴川沿いの388号線を山間部へ向かう途中に寄った、西門川児童館など
c0281841_14300975.jpg
(o e-5)









[PR]
by soraski | 2018-05-04 07:00 | | Trackback | Comments(0)

冬の朝

c0281841_15193696.jpg
2018/01/20 金峰町

金峰山へ真っ直ぐに延びた一本道。
田んぼはすでに田植えにむけ
準備が始まっているようです。

南へ向かう列車に乗るために早めに出発。
この日は半袖で過ごせるような陽気になりましたが
又寒波がやってくるなんて
思ってもいませんでした。





c0281841_15194155.jpg




c0281841_15194367.jpg
オリ E-5







[PR]
by soraski | 2018-01-25 15:42 | | Trackback | Comments(0)

ひょっこり桜島


c0281841_23590456.jpg
鹿児島市谷山



町並みの向こう、ビルとビルの間など
ひょこっと桜島が見える瞬間がある。
地元の人は見慣れているかもしれないが、
私はいつもその圧倒的な姿にびっくりする。

c0281841_14461526.jpg



東開町へ向かう途中、
とってもいい雰囲気の緑の小路をみつけました。
c0281841_14462628.jpg



桜島は今年の7月より沈黙が続いています。
c0281841_14464272.jpg





c0281841_1446529.jpg
オリ E-3






[PR]
by soraski | 2016-12-26 08:00 | | Trackback | Comments(0)