いつかみたソラ  

カテゴリ:花 樹( 107 )

アコウの実



c0281841_14420339.jpg
南さつま市笠沙にある、玉林(ぎょくりん)小学校の校庭のアコウの木

玉林小学校は統廃合されて、すぐ近くの高台に移っています。
元・小学校の校庭にある大きな「アコウの木」が
今まで見たこともない姿になっていたので
寄ってみました。




枝に実がびっしりと付いて(生って)いるのです。
本当に本当にびっくり仰天!です。
これは一体なに~???
c0281841_14430335.jpg




こんなです。
ちょっと不気味、、、
c0281841_14433348.jpg
ネットで調べると
アコウはクワ科イチジク属。
花は実の中にあり、アコウコバチが実の中に入り込んで
受粉の役目を果たしているそう。
イチジク属だから、無花果(イチジク)と同じ性質のようです。

(「JAグループ福岡」のHP、「イチジクは花がないの?」を読んで
ようやく理解できました^~^)





c0281841_14440349.jpg





c0281841_14443379.jpg




アコウの木は南方系の植物です。
熊本では、天草に大きなアコウの木がありますが
そこ以外では見た記憶がありません。(本当はあるのかもしれない・・)
↓ これは沖永良部の和泊町立「国頭小学校」のアコウの木。
今まで見た中で一番大きなアコウの木。

c0281841_14481193.jpg
アコウ(wikipediaより)

樹高は約10 - 20m。樹皮はきめ細かい。幹は分岐が多く、枝や幹から多数の気根を垂らし、露頭などに張り付く。新芽は成長につれ色が赤などに変化し美しい。葉は互生し、やや細長い楕円形でなめらかでつやはあまりなく、やや大ぶりで約10 - 15cm程である。年に数回、新芽を出す前に短期間落葉する。ただし、その時期は一定ではなく、同じ個体でも枝ごとに時期が異なる場合もある。

5月頃、イチジクに似た形状の小型の隠頭花序を、幹や枝から直接出た短い柄に付ける(幹生花)。果実は熟すと食用になる。

アコウの種子鳥類によって散布されるが、その種子がアカギヤシなどの樹木の上に運ばれ発芽して着生し、成長すると気根で親樹を覆い尽くし、枯らしてしまうこともある。そのため絞め殺しの木とも呼ばれる。これは樹高の高い熱帯雨林などで素早くの当たる環境(樹冠)を獲得するための特性である。琉球諸島では、他の植物が生育しにくい石灰岩地の岩場や露頭に、気根を利用して着生し生育している。






[PR]
by soraski | 2018-06-13 15:36 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

布袋草




c0281841_16123861.jpg




6月1日  正円池(しょうえんのいけ)のホテイアオイ  (鹿児島県日置市吹上町)


布袋さんのお腹のように、
水に浮かぶ葉柄が膨らんでいる事から、この名がついたようだ。

クキュコキュ、、
不思議な音を立てていました。
以前見た時は、池全体を覆っていました。
少し時期が早かったのかもしれません。







c0281841_13374986.jpg





c0281841_13380325.jpg





c0281841_13380906.jpg




あめんぼうが水紋をつくっていました
c0281841_13382342.jpg



隠り沼に風が淀めるほてい草    いちこ



c0281841_13381798.jpg









[PR]
by soraski | 2018-06-11 14:01 | 花 樹 | Trackback | Comments(2)

栗の花





c0281841_12564060.jpg
5月の終わり  近所の栗畑

今年も栗の花の季節がやってきました。
畑へ行かなくても
あちこちで見かけます。その度に「わー!すごい」
と叫んでしまいます。
なんでしょうか、あの迫力は。
どこがどうなると栗の実になるのか、本当に不思議。





栗の花が咲く頃には、梅雨入りです。
雨が降らなくても湿度が高く、やや過ごしにくくなりますが
私は梅雨も好きです。

c0281841_12564691.jpg




いつも、ボブ・マリィーみたいだと思ってしまう
栗の花
c0281841_12564944.jpg





c0281841_12565236.jpg


むくむくと午後の雲湧く栗の花      いちこ


c0281841_12570115.jpg

[PR]
by soraski | 2018-05-31 13:11 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

聖なる樹






c0281841_15174419.jpg
5月22日 美里町小崎地区にて

耕運機のミラーの反射光、空の青、流れゆく雲、しなる若竹
なにもかも気持ちがよくて
このまま帰るのはもったいないような気がして






c0281841_15032033.jpg





c0281841_15042251.jpg


で、遠回りして帰ることに。

緑川ダム湖を渡って153号線へ。
この赤い橋を途中まで歩いてみましたが
ワイヤーロープ?のしなる音がとても恐ろしくて
急いで引き返しました。
普段、車で渡っても何も感じなかったのに。





c0281841_15055208.jpg



153号線。暗い山道が続きますが
一瞬視界がひらけ、そこには美しい樹木が。
聖なるものを感じます。
小賀玉の木なんだ!だから??
c0281841_15065224.jpg




全体を撮る事ができなくて、ざんねん。

c0281841_15072318.jpg




犬が吠える声が聞こえたので、民家があったのかもしれません。
c0281841_15180260.jpg



雨の音いつしか遠く山法師   いちこ




c0281841_15184498.jpg


[PR]
by soraski | 2018-05-29 14:35 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

雨ひとひ





c0281841_11344142.jpg





c0281841_11344367.jpg





c0281841_11344622.jpg
(予約投稿です)


 オリ E-5



[PR]
by soraski | 2018-04-29 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

お花たち





c0281841_15520032.jpg
庭の花

姫うつぎ。もう少し早く撮ればよかったです。
先日の大雨で、ほろほろ散りはじめました。
でもまたそれも風情があります。





(予約投稿です)
c0281841_15541043.jpg




冬を越しためだか(写っていませんが・・)
元気に泳いでいます。食欲旺盛!
本家は師宅。
c0281841_15523075.jpg





c0281841_15530879.jpg






c0281841_15560947.jpg




芍薬
c0281841_15584192.jpg




O E-5
c0281841_16080226.jpg



町裏の花舗に触れゆく木の芽風    いちこ


まちうらのかほにふれゆくこのめかぜ





[PR]
by soraski | 2018-04-28 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

イペー咲く

c0281841_12523583.jpg
4月13日 鹿児島県出水市


鹿児島で時々見かける、「イペー」(別名コガネノウゼン)です。
熊本では見た事がなかった花木なので、初めて見た時は
その鮮やかな黄色の花に目が釘づけになりました。
真っ青な空の下に咲くイペーの美しさを
言葉や写真で表現するのは
私には難しいです。

写真は鹿児島から熊本へ戻る途中の
夕方18時近くに
偶然みつけたイペーの並木道です。
出水市の米ノ津川沿いです。
やっぱり日中の青空の下で撮らないとイペーらしくありません。
来年はもっと明るい日差しの下で撮りたいです。









c0281841_12533446.jpg




南米産のイペーはブラジルの国花だそうです。
納得です。
c0281841_12543538.jpg





c0281841_12553410.jpg





c0281841_12560375.jpg





c0281841_12574688.jpg
オリ E-5

[PR]
by soraski | 2018-04-24 13:56 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

はな 花 はな  その二

c0281841_11414375.jpg
日向水木(伊予水木)




c0281841_11414665.jpg
先生宅の山桜



c0281841_11414969.jpg
蕗のしゅうとめ



c0281841_11415516.jpg
背景は桃の花



c0281841_11420073.jpg


野道より

c0281841_11420388.jpg



3月29日  春たけなわのわが町。
嬉しくて毎日カメラを持って出かけていました。
この日の最後は河川敷公園へ行き、ソメイヨシノに遅れて満開になった
大島桜。
ふうちゃん、咲いたよ179.png

c0281841_11420683.jpg
(O E-5)





[PR]
by soraski | 2018-04-10 07:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

落花舞う

c0281841_15361650.jpg
4月3日 宮崎県五ヶ瀬町

浄専寺を出、近くを散策しました。




c0281841_15354760.jpg





c0281841_15364730.jpg





c0281841_15372257.jpg




原田家の枝垂桜。
c0281841_15375121.jpg





桜吹雪、ではなく
本当に雪のように花びらが降ってくるのです。
c0281841_15390834.jpg




小高い丘にも枝垂桜が見えたので
登ってみました。
c0281841_15393812.jpg




落ち椿、里山、枝垂桜。
c0281841_15403894.jpg






桜だけではなく
ここの地域の人たちは
椿もとても愛しておられるようです。
c0281841_15422136.jpg

助手席のカメラバッグと花弁と   いちこ


じょしゅせきのかめらばっぐとはなびらと



c0281841_15400808.jpg

(O E-3)






[PR]
by soraski | 2018-04-08 08:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

浄専寺の枝垂桜

c0281841_13532738.jpg




4月3日 宮崎県五ヶ瀬町 浄専寺の枝垂桜

去年は4月13日の、ほぼ満開の時に写真を撮っています。
今年は去年より約10日早く満開を迎えた事になります。
数年前の台風による被害がなければ(と、記憶しています)
もっともっと大きなはずですが、
それでも寺院を覆い空いっぱいに広がる桜は、
本当にきれいでした。



樹齢約300年。この桜の子や孫が、五ヶ瀬町に約300本。

c0281841_13532371.jpg



いつも気になります、、?
c0281841_13533371.jpg




c0281841_13533076.jpg



c0281841_13533665.jpg



あちらこちらからため息や歓声が・・

c0281841_13533945.jpg




続きます

c0281841_13534252.jpg

(OLYMPUS E-3)















[PR]
by soraski | 2018-04-07 14:48 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)