いつかみたソラ  

カテゴリ:花 樹( 122 )

晩秋の南阿蘇 4






c0281841_19444076.jpg
久木野村の農道にて





c0281841_14461289.jpg






c0281841_14460506.jpg





空と雲を背に
c0281841_14462857.jpg






c0281841_14455594.jpg





.......................




昨日の散歩道
c0281841_20304212.jpg





c0281841_20305449.jpg





c0281841_20305758.jpg





c0281841_20305100.jpg




[PR]
by soraski | 2018-11-08 05:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

晩秋の南阿蘇 3




c0281841_00405741.jpg
久木野村を走っていると、
道路から少しはいった所に、立派な柿の木が見えました。
車を停めて、しばし柿の木に向かい合う。

柿の木の姿は、郷愁を誘う不思議な魅力がありますが、
それは日本の果実だからでしょうか。
黒々とした幹の大きな柿の木を見ると、
偉大なる師を仰ぎみているような気がしてくるから、
また不思議。







c0281841_00410038.jpg






c0281841_00410325.jpg




柿残り村の小山を彩りぬ





c0281841_00410657.jpg






[PR]
by soraski | 2018-11-07 13:55 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

泡立草に寄せる




c0281841_13001022.jpg
「泡立草」という季語は、角川の歳時記やその他、数冊もっている歳時記には掲載されていませんが、
百科事典ほどの大きさと厚みのある、私の宝物である「日本の歳時記」には、写真付きで掲載してあります。
日本の歳時記によると、
「泡立草」は、本来は「秋の麒麟草」の事をいったが、今では、
北アメリカから入ってきてあっという間に日本中に広がった
セイタカアワダチソウにその名も奪われてしまった感がある。
俳句に詠まれる「泡立草」も、圧倒的に「セイタカアワダチソウ」が多い。
とあります。

句会ではまだ、泡立草を詠んだ句に出会っていません。
私は咲き始めの頃の泡立草が好きで、一句だけ、泡立草を詠んでいます。

晩秋の頃の泡立草は、鮮やかだった黄色の花がどす黒い色へと変わっていく。それは
自分の老いと向き合うようで、目を背けたいけれど、でもなぜか、目を背けられないものがある。
というような事を、随分前にブログで交流をさせていただいていた、Nさんが書いていらっしゃいました。
短歌を詠んでおられましたが、ブログは今、閉鎖されたままです。
泡立草の季節になると、いつもNさんの事を懐かしく思い出します。






c0281841_13001466.jpg





c0281841_13001895.jpg



昼の月泡立草のぬきんでて




c0281841_13002128.jpg







[PR]
by soraski | 2018-11-03 13:40 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

秋の薔薇園






c0281841_22501916.jpg







c0281841_22502332.jpg







c0281841_22502684.jpg







c0281841_22503253.jpg


カントリーパーク(合志市)で撮った秋の薔薇、
そして夕方少し前の散歩道でした。


c0281841_22504033.jpg




[PR]
by soraski | 2018-10-23 06:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

秋の薔薇







c0281841_22071616.jpg
秋の薔薇と





c0281841_22072091.jpg






c0281841_22072429.jpg






c0281841_22073019.jpg




c0281841_22464879.jpg




見上げた空

c0281841_22465769.jpg





[PR]
by soraski | 2018-10-22 06:00 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

秋の薔薇と空




c0281841_17242082.jpg
カントリーパークで「秋の薔薇祭り」が始まったことをニュースで知り、
足を運んでみました。

「秋の薔薇」の項目がない歳時記もあります。
初夏の華やかさと、冬の厳しさの間で、秋の薔薇は地味な存在なのかもしれません。
それはそれで、深まりゆく秋の淋しさ感のようなものがあって
何とも捨てがたいものを感じます。





c0281841_17242453.jpg






c0281841_17243312.jpg





空をみあげることが日課の、
そんな季節になりました。
c0281841_17243770.jpg






[PR]
by soraski | 2018-10-21 19:05 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

コスモスと鰯雲





c0281841_13113242.jpg
10月3日 菊池市旭志 道の駅にて

ちょっと淋しいコスモス畑でした。
これからだったのかもしれませんね。
望遠レンズを使えば、少しは賑やかに撮る事ができるでしょうか。

鰯雲。秋ですね。
でももっと澄んだ空の下で
コスモスを撮りたい。

何しろ季節外れの暑さ、、金木犀の香が届くのも
もう少し先??





c0281841_13113860.jpg





c0281841_13114141.jpg





c0281841_13130665.jpg

[PR]
by soraski | 2018-10-09 13:59 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)

夕焼けコスモス





c0281841_15125015.jpg
久しぶりに夕日とコスモスを撮ってみましたが、
え??以前はどうやって撮っていたっけ??状態でした。
地震のあと、ずっと写真を撮らない日が続き、
再びカメラを手にしてからも、何だか前とは違うと感じる事が
よくあります。
下手になったという事が一番のようです^~^








c0281841_15125789.jpg










台風通過中、ひたすら眠るいち。
外へ出るわけでもないのに、天気が悪い日は朝から
「今日は寝るぞ~」と決め込んでいます。
c0281841_15131004.jpg





[PR]
by soraski | 2018-10-07 11:10 | 花 樹 | Trackback | Comments(4)

彼岸花




c0281841_10574352.jpg
9月20日  私の町の彼岸花です。
田植えの頃もここで写真を撮りました。
たわわに実る稲と彼岸花、暮らしの中の彼岸花です。

雨の日に彼岸花を撮ろうと決めていました。
でも、ますます目がいけません。





c0281841_10573697.jpg


この日の午後に一時間100㎜超の大雨になりました。



c0281841_10573968.jpg





c0281841_10581216.jpg





c0281841_10580734.jpg




今年はあまりコスモスを見かけませんが、
夏に日照りが続くとコスモスはあまり咲かないようです。
数輪見つけたコスモス、うれしい。
c0281841_10582175.jpg


ここよりは火の川となり曼珠沙華


c0281841_10582495.jpg





c0281841_11063482.jpg

[PR]
by soraski | 2018-09-26 11:28 | 花 樹 | Trackback | Comments(4)

過去写真 屋久島




c0281841_14053550.jpg
洋上のアルプス、屋久島


写真の在庫がとうとう尽きてしまいました。
そこで2011年8月の屋久島の写真を引っ張り出しています。
実は
夫が一人で屋久島へ遊びに行った時の写真です(~ヘ~;)

私が屋久島へ行ったのは随分昔。
今でも忘れられないのは
島というよりは山そのものが海からそそり立っているような
そんな屋久島が見えた瞬間です。
小さかった子どもも一緒でした。
そのあと、夫とバイク2台で渡島しています。



では、屋久島の花写真を~

c0281841_14053849.jpg
月に35日雨が降ると
林芙美子が小説「浮雲」に書いたほど雨が多い屋久島ですが
今年の夏はどうだったのでしょう。

熊本はずっと雨が降らず
8月の降水量は例年の2割とラジオで言っていました。
が、
昨日から待望の雨が降っています。



2~3日前に鵙の初鳴きを聞きました。

c0281841_14054190.jpg





屋久島の料理~。
c0281841_14054413.jpg






[PR]
by soraski | 2018-09-01 12:13 | 花 樹 | Trackback | Comments(0)