いつかみたソラ  

行秋





c0281841_141844100.jpg
11月21日 福岡県朝倉市野鳥「秋月」


城下町の景観が残る筑前の小京都、
秋月へ行ってきました。
残る秋の色を求めて。


c0281841_14191295.jpg

秋月眼鏡橋





c0281841_14195046.jpg

西念寺





c0281841_14202851.jpg







c0281841_14205945.jpg



行く秋や小さき花さく物の蔓   寺野守水老 



c0281841_14213036.jpg
ペンタ K-3








[PR]
by soraski | 2017-11-26 08:00 | 小さな町 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://soraski.exblog.jp/tb/28361575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kurakiraminmin at 2017-11-26 13:10
こんにちは、いちこさん。

懐かしい、そして日本らしい風景です。

ちょうど郵便屋さんのバイクの赤が入って(笑)。


俳句のほう、調整を進めていらっしゃるんですか、それとも完成形になりましたか。

先生のアドバイスも然り、作者の思いもなるほど、です。


以前の、お母さまが口ずさむトワエモアの歌は・・・・

トワエモアが歌った「誰もいない海」かしら。
Commented by soraski at 2017-11-26 13:41
みんこさん、ありがとうございます。
小さな城下町の秋の余韻に浸ってきました。
この後、福岡の実家へ行き久しぶりに母の顔を見てきました。
トワエモア、実は9月に母とコンサートへ行ってきたんです。母にお願いされて(笑)
口ずさんでいたかどうかはわかりませんが、懐かしい曲に合わせてきっと小さな声で歌っていたのでは・・・^^
拙句の方も見ていただき、ありがとうございます。
先生のアドバイスを受け止めて、もう一度考え直す事が
一番の勉強なんですよね。
自分ではこう、と思ってもそれが人に伝わらなくてはいけませんね。
最近、難しいな、できないな、そんな気持ちにへこみがちです。