いつかみたソラ  

タグ:PENTAX K-3 ( 115 ) タグの人気記事

秋落暉

c0281841_11530692.jpg
10月10日 


遅刻しないように、と余裕をもって近くの田んぼへ出向きましたが、ちゃんと撮ることができていたのはほんの数枚でした。




c0281841_13222461.jpg






c0281841_11531097.jpg

[PR]
by soraski | 2017-10-11 12:03 | | Trackback | Comments(2)

秋の夕焼け

c0281841_13034881.jpg
9月の終わりに水俣の海にて



すぅーっと、いつの間にか空が焼けて、あっという間に色褪せてしまう秋の夕焼け。のんびりしていると夕焼けに遅刻してしまう、そんな季節になりました。




34年前に買ったカメラでも撮ってみました。フィルムなのでシャッターを切ったのは一回だけです。

c0281841_13035807.jpg

[PR]
by soraski | 2017-10-03 08:00 | | Trackback | Comments(0)

秋の潮






c0281841_14142197.jpg
ゆるやかに帆船はひりぬ秋の汐

虚子






9月の終わり 出水の海より

c0281841_14141638.jpg




[PR]
by soraski | 2017-09-30 14:59 | | Trackback | Comments(0)

棚田の秋 2

c0281841_13375928.jpg



9月21日 小崎の棚田より



c0281841_13392901.jpg




熟していなくてざんねん
c0281841_13383020.jpg





c0281841_14170964.jpg




拙句を一句

十月や里曲の蔵のなまこ壁
c0281841_13400006.jpg





プチ武者返し
c0281841_13402918.jpg



[PR]
by soraski | 2017-09-27 08:00 | 田んぼ・畑 | Trackback | Comments(0)

棚田の秋

c0281841_12294415.jpg
小崎の棚田




午前中は町の施設で句会。天気予報では一日雨という事でしたが、家を出る頃はまだ降っていなかったし、とにかくカメラを持って出かけることに。
小崎の棚田。何度か足を運んだ集落だったので、ナビなしでも行けるかな~と思っていましたが、道が荒れていたせいかすんなりたどり着く事はできませんでした。でもそれよりやっぱり自分の記憶が一番あやしい。
棚田全体を見下ろす場所から数枚撮って、もう帰ろうと思いました。気持ちが何故かのってこず・・・
道を引き返して集落の入口付近に車を停め、もう一度集落を眺めてみました。晴れの日の棚田は最高。でも雨の日だってある。と暫く考えて、やっぱり行くことにしました。




c0281841_12295389.jpg




彼岸花も柿もまだこれから。いつもより遅れているみたいです。
c0281841_12294870.jpg





c0281841_12450517.jpg





c0281841_12451394.jpg





c0281841_12450809.jpg



9月21日 小崎の棚田より

c0281841_12451819.jpg

[PR]
by soraski | 2017-09-26 08:00 | 田んぼ・畑 | Trackback | Comments(0)

初秋

c0281841_14135957.jpg
9月19日 地元の田んぼ

先生のお宅へ行く途中、寄り道を。彼岸花はこれからのようです。日差しがなくて残念。でも、寄り道したおかげで今まで知らなかったものに出会ったり・・・。



c0281841_14140265.jpg






南阿蘇へ足をのばしてみました。応急措置の道路で繋がっていますが、遠い土地になってしまいました。コスモスがぽつりぽつり咲いていました。


コスモスのまだ触れ合はぬ花の数   石田勝彦
c0281841_14140625.jpg

[PR]
by soraski | 2017-09-20 15:26 | | Trackback | Comments(1)

ヘチマの花

c0281841_12433732.jpg
ヘチマの花

といえば、スピッツの曲がすぐに浮かびます。地味な曲です。調べてみると、この曲が入ったアルバム「空の飛び方」は、1994年の9月に発売されたそう。23年前!何故か軽くショックを受けています。そして
ヘチマといえば鹿児島。夏の照りつける太陽の下、大きな緑の葉っぱ、そして黄色いヘチマの花が色鮮やかに咲いている風景をよく見かけます。産直でもヘチマをよく売っているのを見かけますが、食用なんですよね。写真は8月の終わり頃に撮りました。

最近は写真を撮りに出かける機会が少なくなってしまいましたが、また秋を探しに出かけようと思います。在庫切れの時には過去写真をあげていましたが、過去写真はこちら→ DIARY というブログに並べる事にしました。よかったらのぞいてみてくださいね。
(川内倫子さんが 使っていらっしゃるのを見て、いいな~ぁとずっと思ってきたtumblrです)

それにしても台風18号の進路、気になりますね。何事もありませんように。
・・・見にきてくださり、ありがとうございました。






c0281841_12434867.jpg

[PR]
by soraski | 2017-09-16 13:39 | | Trackback | Comments(0)

夏逝く


c0281841_14231881.jpg
阿久根の海、いつもの場所にて。

歳時記を開いて季語「夏の果」をみてみると、

夕潮の紺や紫紺や夏果てぬ   藤田 湘子

という句が目に留まりました。
去りゆく季節を惜しむ気持ちと、秋の気配を感じる安堵感。そんな思いが入り混じる今日この頃です。


c0281841_14232288.jpg

[PR]
by soraski | 2017-09-09 14:54 | | Trackback | Comments(0)

秋暑し 2

c0281841_15365679.jpg
8月23日 日田市豆田町にて

「暑い」「暑い」と言葉に出しても仕方ないのに、つい「暑い」と言ってしまう、そんな一日でした。でも
今朝(8/30)は空気ががらりと入れ替わっていました。ほんの少し秋めいてきましたよ。






c0281841_15372693.jpg





c0281841_15375790.jpg





c0281841_15382751.jpg

[PR]
by soraski | 2017-08-31 12:50 | まち | Trackback | Comments(0)

秋暑し

c0281841_13263994.jpg
8月23日 

暑い一日でした。もしかしたら全国で、ここが一番暑いかも・・・などと思いながら歩きました。後で検索してみると、この日一番暑かったのはあの江川崎で、二番目がここでした。





c0281841_13264345.jpg






c0281841_13264731.jpg
町はずれにある無料駐車場から、豆田町の町並みまでがとても遠く感じられました。
大分県日田市豆田町。あの7月の九州北部を襲った豪雨で、ここも大人の腰あたりまで水に浸かったそうです。






c0281841_13265119.jpg





c0281841_13265584.jpg



それにしても今年の暑さはきびしいですね。いつもだとお盆前後には鳴き始めるツクツクボウシ、今年はまだきいていません。

c0281841_13273331.jpg

[PR]
by soraski | 2017-08-30 15:06 | まち | Trackback | Comments(0)