いつかみたソラ  

石楠花

c0281841_15504907.jpg
石楠やその岩も澄み苔も澄み

白石楠花夜になり夜の白さなる

             加藤知世子




石楠花の句を何冊かの歳時記で調べていると、好きな俳人の句に出会いました。↑
c0281841_15511973.jpg



石楠花が咲き、八重桜の花びらを敷きつめたここは、黒岳の麓にある黒嶽荘です。家族とも友人とも食事をいただくために何度か訪れましたが、いずれも冬でしたので、この建物の中で野趣あふれる食材を炭火で焼きながらいただきました。この辺りは炭酸水が湧き出ています。
黒岳の紅葉も、また見てみたいものです。

(大分県由布市庄内町阿蘇野)
c0281841_15531107.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-05-16 08:00 | | Trackback | Comments(0)

新緑

c0281841_14551737.jpg



新緑やうつくしかりしひとの老

日野草城



c0281841_14562992.jpg




2012年 大分県玖珠郡九重町 八丁原地熱発電所近くにて
c0281841_14574783.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-05-14 08:00 | 季節 | Trackback | Comments(0)

五月の色

c0281841_13533503.jpg
目つむりていても吾を統ぶ五月の鷹
         
                寺山修司






c0281841_13540607.jpg
画布の上に原色厚し五月の野

            福永耕二




北外輪山より阿蘇カルデラを望む。
ここに立つと、自分も鳥になって飛べそうな錯覚に陥ります。それにしても寺山修司の句は鮮烈ですね。吾を統ぶ五月の鷹、、、。


c0281841_13552755.jpg




c0281841_13555725.jpg




c0281841_13562776.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-05-13 08:00 | 季節 | Trackback | Comments(0)

五月雨

c0281841_12123244.jpg
空も地もひとつになりぬ五月雨

杉風



c0281841_12120135.jpg




c0281841_12132968.jpg
今日は朝から雨。雨脚も強く気持ちも沈みがち。雨のせいばかりではありません。ここのところ地震が続いているからです。
写真は球磨郡五木村、もう5年も前になります。




c0281841_12130225.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-05-12 12:48 | 山里 | Trackback | Comments(0)

届いたアルバム

c0281841_13101986.jpg
2014年5月 日之影町
新緑、卯の花、山藤、空、全部全部輝いていたあの日。Google Photoが勝手?にアルバムを作成してくれました。↑



それにしても優秀です、Google Photo。自分では選ばないような写真を選んでくれます。私もGoogle Photoを見習って視点を変えて選んでみようと思ったのですが・・・。↓
c0281841_13513621.jpg





c0281841_13514118.jpg





c0281841_13514608.jpg





c0281841_13515014.jpg




c0281841_13515408.jpg





c0281841_13515867.jpg




c0281841_13520279.jpg





c0281841_13520540.jpg







c0281841_13520829.jpg




 








[PR]
# by soraski | 2017-05-03 14:08 | 乗り物 | Trackback | Comments(0)

紫雲英田

c0281841_12250739.jpg




c0281841_12251197.jpg




c0281841_12251513.jpg

どの道も家路とおもふげんげかな

田中裕明


c0281841_12252134.jpg
(甲佐町)
爽やかなお天気が続いていますね。今年はいっちゃんの事があってどこへも出かけませんが、それでもとても清々しい気分です。写真は4年前に撮ったものです。レンゲソウ・・・歳時記では紫雲英(げんげ)が見出し季語、傍題の中に蓮華草、紫雲英田(げんげだ)、げんげんなどが表示してあります。が、やっぱり「れんげ畑」のほうがぴんときますね。子どもの頃は、日が暮れるまでれんげ畑で遊んだものです。

↓ いっちゃん。もうすぐ手術から二週間。今日これから病院ですが、今日あたり抜糸かな?体力が戻るとともに、このエリザベスカラー生活がたまらなくストレスのよう。それでも首をふりふり走ったり、前進したりバックしたり、見ていて涙ぐましいです。写真は朝起きて一番に撮ったものですが、傷が生々しいのでボカしたわけではなく、iPhoneのレンズが汚れていたためです。向かって右の目が少し吊り上っているのは、目のふちにまだ糸が残っているため、と信じたいです。
それと不思議なことに、ふーちゃんがとても元気なのです。注射なしの薬のみで、ご飯もちゃんと食べているそうです。猫ってそんなところがありますよね、人間の気持ちを察してくれるといいますか・・・。ふーちゃんが元気じゃなかったら気持ちがあっちこっちにとんで、キツイ思いをしていたかもしれません。


c0281841_12252475.jpg


[PR]
# by soraski | 2017-05-01 13:10 | | Trackback | Comments(0)

夕桜







c0281841_14182558.jpg
花びらに花びらの影夕ざくら

阪上多恵子





c0281841_13095249.jpg

五ヶ瀬町からの帰り道、最後に寄ったのは「大窪橋」でした。桜は見頃を過ぎていましたし、菜の花も刈られていました。18時少し前でしたので色味も違いますね。これはこれでいいのかな。桜を求めて走り回った一日が終わります。
(4月13日 美里町)



c0281841_14184036.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-04-28 08:00 | | Trackback | Comments(0)

名残の桜

c0281841_12020736.jpg
五ヶ瀬町からの帰り道に偶然見つけた学校跡地です。校舎はありませんでした。広い校庭跡に何故かタイヤがひとつ。校庭の向こうでは桜が満開。




c0281841_12021296.jpg



辺りを少し歩いてみました。人気のない納屋に朽ちた小屋。桜はここで人の暮らしを見続けてきたのでしょう。
c0281841_12024441.jpg





c0281841_12025566.jpg




c0281841_12025904.jpg




山都町野尻 4月13日
c0281841_12030530.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-04-27 08:00 | 山里 | Trackback | Comments(0)

春の光

c0281841_14021788.jpg
まさをなる空よりしだれざくらかな   

富安風生



写真は枝垂桜ではありませんが、五ヶ瀬町からの帰り道に、大きな枝垂桜のあるお寺で青空と桜を愛でてまいりました。ちょうど連翹も咲いており、誰もいない静かな境内は春の光に満ち溢れていました。



c0281841_14023496.jpg




c0281841_14024166.jpg




c0281841_14023032.jpg






山都町にある教蓮寺というお寺からでした。(4月13日)
c0281841_14020530.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-04-25 15:23 | 季節 | Trackback | Comments(0)

いっちゃん、がんばりました

c0281841_15280188.jpg
日差しと共に天から降り注いでくるようなしだれ桜でした。4月13日、五ヶ瀬町の浄専寺からの帰路、民家を覆う紅白のしだれ桜に迷う事なくUターン。山里の景色に心の隅から隅までが洗われるようでした。




c0281841_14441043.jpg





c0281841_14441824.jpg



いっちゃん(我が家の猫)の手術は無事に終わりました。術後5日目の今日になって少し気持ちにゆとりができました。いっちゃんの元気が少しづつ戻ってきているのを実感できるからです。今回の事でも一番参考になったのは、同じ病気で手術を受けた猫さんの事を綴ったブログでした。本当に本当に参考になりました。いっちゃんが元気になったら今回の事をひとつの記事にまとめてみようと思います。不安な思いで検索されている方の目にとまる事を願って。暫く先になりますが・・・。いっちゃん、よく頑張ったねえ~

c0281841_14442277.jpg

[PR]
# by soraski | 2017-04-22 15:33 | 山里 | Trackback | Comments(0)