いつかみたソラ  

<   2016年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

がんばれ、ふうちゃん

c0281841_12115953.jpg

2016/03/17撮影  河川敷のふうちゃん

地震の約一ヶ月前ですが、コロコロしています。写りの良い写真を選びました、猫友さんも言っておられましたが目つきが悪いんです。でも仕方ないですね、長年ノラさんでしたから。警戒心の強いふうちゃんでしたが、地震以後みるみるうちに痩せて動きも鈍くなり、私達のひざの上でじっとしている事が多くなりました。雄のクロが行方不明になって雌のクロが家猫になって、ふうちゃん一匹になってしまいました。





c0281841_12115025.jpg

雨が降る日は、あ~、布団の上に寝かせてあげれたらな~とよく思ったものです。でも、家には神経質大王のいっちゃんがいるし・・・。







c0281841_12114392.jpg

同じ日に撮った私の町の風景。菜の花と一本道の情景にとても感動して、写真をたくさん撮って句にもしました。つくづく思いますが、強く感動する気持ちがないと写真も俳句もできませんね。今は、普段目にする景色に気持ちが荒んでしまいますが、仕方のないことです。






↓ 上はまだ河川敷にいたころのふうちゃん。クロほどではありませんでしたが、きいちゃん、とか、みいちゃんとか色んな名前で呼ばれてたくさんの人に可愛がってもらっていました。避難所から夕飯の残りをもってこられた男性にはびっくり。猫には食べさせない方がいいのですが、、でも気持ちがうれしかったです。
c0281841_12111164.jpg

河川敷公園は草ぼうぼうになって、迷い犬の姿も見かけるようになりました。(写真下)ふうちゃんがいつもとは違う場所に隠れてご飯も食べなかったり、足に怪我を負ったり、そしてなによりも激痩せした姿にもうこれ以上河川敷に置いておけない!と決心して、病院に行ってから家へ連れて帰りました。ケージの中のふうちゃんは我が家に来た日のもの。ボロボロです。今も痩せたままです。口内炎もひどいし、持っていた病気がストレスで悪化した可能性があります。保護して2ヶ月になりますので、やっと詳しい検査を受けられます。どんな結果になろうと、ふうちゃんは我が家の家族として大切にします。
がんばれ、ふうちゃん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by soraski | 2016-07-31 13:04 |

幸せになってね、クロ

c0281841_1304468.jpg

2012/11/11 クロに初めて出会った日

地震の後の5月13日まで猫友3人でお世話をさせていただきました~(私は3年と5ヶ月、長い人は6年以上)  クロは温厚な性格でたくさんの人に可愛がられてきましたが、ひょんな事から家猫さんになることとなりました。



c0281841_1303481.jpg

地震後しばらくして姿を見せなくなったので、とても心配しました。先生のお家の猫も地震後に行方不明になったり、河川敷でも地震による迷い猫を目撃したりしていましたので、ツイッターで情報収集をしていたところ、クロを保護しているというツイートのリツイートを偶然!、本当に偶然にも目にして、それから色んな事を経て、結果としてはクロを保護した団体の預かり主さんが飼い主さんになってくれたのです。ほんと、色んな事があり過ぎでした(笑)





c0281841_1302439.jpg

よかったね、クロ。もう雨の心配もしなくてすむね。ゴンタのおじちゃんをはじめ、たくさんの人が心配していたんだよ。今までの分を取り戻すくらいに幸せになってね。







c0281841_1301683.jpg









c0281841_12593593.jpg

にゃんずの棲家だった河川敷。桜の頃は本当にきれいでした・・・いつかまた整備されるのかもしれませんが・・・。雄の黒猫は前震後に行方不明。キジシロの雌猫は地震後体調を崩して、今は我が家で保護しています。




河川敷公園は避難所のすぐとなり。当時避難所にはペット同伴のテント生活の方々がたくさんいらっしゃって、そこへクロは遊び?にいって保護されたようです。
c0281841_1259266.jpg



今もまだ、お家に帰っていない猫や犬がたくさんいます。早くみんなお家へ帰ろうね。。
[PR]
by soraski | 2016-07-31 00:09 |

無事だったいっちゃん!

c0281841_1772580.jpg

4月14日夜、私は夫の単身赴任先の鹿児島市にいました。緊急地震速報が鳴ったと同時に建物が大きく揺れ、その時の鹿児島市は震度3。テレビのニュースで震源は熊本地方、しかも最大震度7を観測したのは愕く事に我が町だとか言っているではありませんか!何故わざわざ私の町なんだ?
熊本にいる娘や知人に連絡をとってみましたが、電話は繋がりません。今思うとショックを受けているそんな時間がありませんでした。とにかく慌てて帰ってきた夫と熊本へ戻る事に。一分一秒でも早く、熊本へ帰らなければ。猫のいっちゃんは大丈夫だろうか・・・。

高速道路は即通行止めになったので一般道を走って熊本へ。途中、夜勤だった娘からようやく電話がかかってきて、家の中は凄い事になっていて、隣の家の瓦が窓ガラスを破って家へ入り込んできている事を知る。いっちゃんは見当たらない、と。・・・頭の中は真っ白。外に出たかもしれない・・・。次に娘から電話があるまで、とても長い時間に感じました。友達に付き添ってもらってもう一度、家の中を捜したようです。「おったよ、いっちゃん!炬燵の中にいた。呼んでもじっとしたまま動かんよ」その後、娘から送られてきた写真が↑ です。炬燵のなかです。いっちゃん、怖かっただろうに、逃げずにそこにいてくれてありがとう(涙)まだ寒い時期で炬燵があって良かった!地震で家を飛び出して迷子になった猫や犬がどれだけいたか・・・
我が町へ着く頃には空が白み始めてきました。町に近づくにつれ、道路がうねっていたり亀裂が入っていたりで、随分時間がかかってしまいました。町に入ると警察や消防、そして何人もの報道カメラマンの歩く姿が見え、ああ、やっぱり現実なんだと痛感。
そして自宅に戻ったわけですが、この時は家の外観は無傷といってもいいくらいでした。家の中は酷かったのですが、家族で力を合わせ、取りあえず割れ物を片付けたりして家の中で過ごせる空間を作りました。夜は何度もくる余震が怖くて自宅で眠る気になれず、車を安全な場所に停めて夫と車の中で寝ました。近所の人たちも車の中や避難所、公園にテントを張ってと、自宅で寝ていた人は殆んどいなかったみたいです。そして二度目の震度7が未明に。もうだめだと思った・・・皆さんそう言われます。前震の震度7とは全く違う凄まじさだったと。私も死をはっきり意識しました。変な言い方ですが・・・。そして殆んどの家が本震でダメージを受けてしまいました。



人間だけではなく、生き物全てが大きなストレスを抱えています
c0281841_1761913.jpg

そうそう、つくづく思ったのですが、大きな地震のあとには交通網が麻痺していまいます。高速も新幹線も駄目。一般道は大渋滞。道路なんてグニャグニャでまともに走れない。もし原発に何かあっても避難なんて絶対ムリです。今度新たにわかった活断層があるようですが、川内原発を止めない理由がわからない。何処に活断層が走っているのかわからない。電力会社には即停めてくださいとお願いの電話をしました。鹿児島県は今度の知事選で良い選択をしてくれました。
[PR]
by soraski | 2016-07-29 17:40 | 日常

被災するということ

c0281841_16302018.jpg

4月14日夜と16日未明の地震に私の町は大きく激しく凄まじく揺れて、美しかった町は姿を変えてしまいました。
写真は4月19日。役場にて。役場も被災して大混乱の最中。一眼レフは震災以来、未だ手に取っていません。スマホで撮ったものです。まるで夢を見ているみたいで、嘘でしょう?だったあの頃。
白トビの失敗写真が何故かその時の心象にぴたりときます。グニャグニャのアスファルトや、他県からこられた支援の方たちの姿を見ながら、花壇の縁に座って炊き出しのカレーライスをお昼に夫と食べました。夫はおかわりをしました。その前日の夕方、初めて温かいおにぎりをいただいた時の嬉しさ!忘れられませんね。その後、役場駐車場での炊き出しには本当に助けていただきました。ガスはプロパンなので震災直後から使えましたが、長い事断水が続いたのと、料理をつくろうという気持ちなんて、そんな気持ちなんてもう永遠に戻ってこないとその時は思っていました。



c0281841_1630672.jpg

4月18日夕方。不気味な空に思えました。家の中を片付けている最中も何度もおおきな余震が。その度に外へ飛び出していました。家の中はガラス片などが散らばっていて、靴をはいたままだったので、すぐに飛び出せました。靴生活が終わったのは、いつごろだったんだろう???
[PR]
by soraski | 2016-07-28 16:29 | 日常

熊本地震  あれから



c0281841_1530873.jpg


熊本地震から約三ヶ月が経ちました。家屋の被害が比較的小さかった我が家ですが、元の生活には戻っていません。戻っているように見えても、いろんな事が変わってしまいました。でも無理に戻さなくてもいい、それよりは今日より明日へ前を向いていたい、と思っています。
カメラは地震以来、携帯のカメラしか扱っていません。あれほど好きだった俳句も全く手につきません。どこかへ遊びに行く気になりません。うつ状態だと自分でも思っていますが、これはものすごく仕方のない事だと思っています。地震後はめちゃくちゃ気が張っていてそして動き回っていた、そしてある日パタリとそれができなくなった。でも冷静に自分自身を分析できているみたいだから、大丈夫なんだと思っています。

↑の写真は、我が町の鎮守さま。このあたりは壊滅状態で、多分活断層の真上なんだと思います。家ってこんな壊れ方するん?どうやったらこんな壊れ方になるん?そんな景色が延々と続きます。
ここから我が家は、直線で一キロも離れていないと思います。今日も近所の家が一軒、解体作業に入りました。


地震前まで使わせてもらっていたブログにどうしても戻る気になれなくて、ここへ戻りました。続ける事ができるか、、
[PR]
by soraski | 2016-07-27 15:27 | 日常