いつかみたソラ  

カテゴリ:2016年( 89 )

雪の城 - 神岡城




c0281841_15293763.jpg






c0281841_1528493.jpg

2月6日 「神岡城」(岐阜県飛騨市神岡町城ヶ丘)
神岡の町を見下ろす段丘の縁に位置した「神岡城」。雪にすっぽりと覆われた神岡城。雪の壁に阻まれてこれ以上近づくことはできませんでした。


神岡の町と、神通川の支流「高原川」がまるで箱庭のようです。町へ下りて城を見上げると、どんな感じだなんだろう?
神岡が鉱山の町として栄えたことや、神岡鉱山の歴史などについてもここへ来て初めて知ったわけです。水俣への想いが頭をよぎります。神岡は今回の旅で、強く心に残る土地になりました。
c0281841_1528121.jpg





お城の写真を撮るために、車を停めさせてもらった所より。
c0281841_15283243.jpg

[PR]
by soraski | 2017-02-17 08:00 | 2016年

立春

c0281841_15312088.jpg

麗しき春の七曜またはじまる   山口誓子



「またはじまる」という素っ気ない表現は、春を迎えた喜びをむしろ強く感じさせているような気がします。歳時記も一巡りしました。
今日は立春。新たな気持ちで、歳時記の一ページ目をまためくる喜び。秋櫻子の歳時記には「外界は昨日までの冬とさして変わりないはずだが、立春と聞くだけで心に春が宿るのであろうか」と書かれていて、全くそのとおりだなぁと思いました。


c0281841_1452139.jpg

石の祠。お天気の良い日は日を集めて、雨の日には大きな木の下でぽつりと。




c0281841_14521454.jpg





この辺りは3月上旬に田植えが始まります。
c0281841_14523340.jpg

2016/02/17 南さつま市



・・・・
[PR]
by soraski | 2017-02-04 08:00 | 2016年

冬の雲


c0281841_15315471.jpg

阿久根道の駅より


日没前の海。この日は何と言っても重々しい雲に目を奪われた。雲が海を押し潰してしまいそうな、そんな重さでした。
c0281841_1532413.jpg





c0281841_15321865.jpg





c0281841_15323277.jpg





c0281841_15324169.jpg

[PR]
by soraski | 2017-01-29 08:00 | 2016年

いつかみた空 - 橋杭岩



c0281841_1348294.jpg

和歌山県東牟婁郡(むろぐん)串本町にある「橋杭岩」(はしぐいいわ)です。(撮影は去年の11月)実際はとても迫力ある景観でしたが、私が撮るとこのとおり・・・です。



広角は諦めて望遠で。 
c0281841_13485526.jpg





c0281841_1349303.jpg




c0281841_1350261.jpg

後日、迫力ある橋杭岩をいつも見せてくださるブログを再訪してみると、撮影場所が違う事がわかりました。偶然知ったブログでしたが、そちらで初めて見た橋杭岩の写真には戦慄が走りました。
それにしても自然にできたなんて信じられない光景。弘法大師と天邪鬼が賭けをしてできた、そんな伝説もあるようです。

コーヒーをいだいたお店からスマホで撮ったものが一番まともでした。
c0281841_13512641.jpg

[PR]
by soraski | 2017-01-19 15:23 | 2016年

年送る


c0281841_122807.jpg

「命あってこそ」・・・そんな思いの2016年でした。


c0281841_122885.jpg




c0281841_12281830.jpg




c0281841_12282862.jpg




c0281841_12284699.jpg




c0281841_12285663.jpg




c0281841_12292673.jpg



2017年がよい年となりますように。・・・感謝。

c0281841_1229533.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-31 08:00 | 2016年

冬もみじ 4

c0281841_140124.jpg

12月19日  鹿児島県鹿児島市下福元町 「慈眼寺公園」(じげんじこうえん)

先日の「こころ旅」で放映されたこともあって、行ってきました。ずいぶん前に、紫陽花がきれいだと聞いて来たことがありました。今回が二度目。
紅葉の時期は既に過ぎており、着いた時間も遅かったのでブレブレ写真ばかりですが、行ってよかったです。街中にこんなに静かな場所があるなんて、信じられない、、
瀬音を聞きながら苔むす山中を歩いていると、心の隅々までが潤ってきそう。
ご近所の方が犬を連れて散歩をしていらっしゃいました。いろいろ教えてくださいました。慈眼寺公園によせる思いを感じ取りました。ありがとうございました。
桜橋、また桜の頃にこなくては。
c0281841_1402891.jpg




c0281841_1403628.jpg




c0281841_1404421.jpg




c0281841_1405188.jpg




c0281841_1405923.jpg




c0281841_141736.jpg




c0281841_1411422.jpg



現在の稲荷大明神社のある場所には、もとは観音堂があったそうだ。廃仏毀釈の名残がまたしてもここに。因みに薩摩の三ヶ寺は坊津の一乗院、志布志の宝満寺、とここ慈眼寺だそう。
c0281841_1412238.jpg



近くの谷山神社へ行く途中より、桜島ー!
c0281841_1413277.jpg



c0281841_1413985.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-30 08:13 | 2016年

冬もみじ 3


c0281841_151929.jpg




c0281841_12315643.jpg

水に影ある旅人である 
          山頭火


c0281841_15191236.jpg

12月12日 鹿児島県いちき串木野市「冠岳花川砂防公園」
手入れの行き届いた、とても美しい公園です。冠嶽園には入れませんでしたが(定休日のため)、こちらの公園で十分満足。ここでも一人、いや二人の人を見かけただけだったような、、、もったいない。


c0281841_15192771.jpg




c0281841_15193890.jpg



ここにも原種の山茶花。とても美しい。
c0281841_15195856.jpg




弘法大師像
c0281841_1520923.jpg




c0281841_15202210.jpg




c0281841_15203272.jpg


本当に来てよかった!
鹿児島でこんなに紅葉を愛でたのは初めて。実はあともう一日あるのです。
c0281841_15204397.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-29 08:18 | 2016年

冬もみじ 2


c0281841_13285284.jpg

鹿児島県いちき串木野市 「冠嶽神社」(12月12日)

鎮国寺をあとにして山道を走ってたどり着きました。厳かで趣きのある神社です。赤い太鼓橋が印象的。
川の名前は「花川」、橋は「花川橋」・・・
ここも本当に静かでした。殆ど人もいなくて、もったいない気がしました。

c0281841_13285921.jpg




c0281841_1329611.jpg




c0281841_13291338.jpg




c0281841_13292219.jpg




c0281841_13293040.jpg



神社の隣にあった中国風庭園「冠嶽園」↓、残念な事に定休日でした。
冠岳には「徐福伝説」があり(詳しくはないのですが・・・)、始皇帝の命を受けた徐福が、不老長寿の薬草を求めていちき串木野にある照島海岸に上陸し、そこから冠岳にたどり着いたという事らしい。でも、これには諸説があるようです。
冠嶽園は、徐福の故郷中国との友好交流の願いを込めて作庭されたそうです。先に行ってきたばかりの頂峰院の跡地だそうで、廃仏毀釈の名残がここにも。
c0281841_13293851.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-28 08:28 | 2016年

冬もみじ


c0281841_1629835.jpg

鹿児島県いちき串木野市上名にある「冠嶽山 鎮国寺 頂峯院」(かんがくさん ちんごくじ ちょうぼいん)の紅葉(12月12日)
一番美しい時期は過ぎていましたが、散る紅葉もまた風情があるものです。冠岳(かんむりだけ)は薩摩屈指の霊山だそう。初めて行ってきたのですが、なかなか良かったです。
早朝に家を出て、朝の静けさの中、写真を撮りました。

c0281841_16291765.jpg





c0281841_16292470.jpg




八手の花はいつ見ても寂しい。
c0281841_16293223.jpg





c0281841_16294026.jpg





c0281841_1629506.jpg




山茶花の原種がこちらのお寺さんにも、このあとに行く中国風庭園にも、たくさん咲いていました。きれいでした。
c0281841_1630134.jpg





c0281841_1630924.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-27 08:32 | 2016年

ひょっこり桜島



c0281841_1446560.jpg

町並みの向こう、ビルとビルの間など、ひょこっと桜島が見える瞬間がある。地元の人は見慣れているかもしれないが、私はいつもびっくりしてその圧倒的な姿に感動。



c0281841_14461526.jpg




東開町へ向かう途中、とってもいい雰囲気の緑の小路をみつけました。
c0281841_14462628.jpg




桜島は今年の7月より沈黙が続いています。
c0281841_14464272.jpg





c0281841_1446529.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-26 08:00 | 2016年