いつかみたソラ  

カテゴリ:自然( 36 )

樟若葉

c0281841_13144173.jpg
この大楠を見ながらパークドームへと、車を走らせる毎日が再開しました。地震以降使えなくなっていたパークドームですが、一年近く経ってようやく使えるようになりました。あの人も、この人も!そんな懐かしい後姿と多くの再会をはたしました。歩くのが目的で通っていますが、同じ方向に歩くのでどのようなお顔なのかわからない人が殆ど。今も毎日想像力をたくましくしています。


c0281841_13154295.jpg
大楠は広い畑に君臨しているように見えます。ここより360度、視界を遮るものはありません。ここは菊陽町の指定文化財、六道塚古墳。塚の上に大楠が聳えています。この辺りは680年ほど昔は、古戦場だったとか。
それにしても樟若葉がとても美しいです。芽吹くたびに少しづつ、長い時を経て大樹となったのでしょうね。歳時記をめくっていると、下記の句に出会いました。

樟多き熊本城の若葉かな
          京極杞陽

楠は熊本の県木です。


c0281841_13162685.jpg





c0281841_13165670.jpg


パークドーム ↓(iPhone)
こでまりの花が風に揺れる頃に(4月の終わりころ)
c0281841_14293116.jpg







[PR]
by soraski | 2017-05-23 14:49 | 自然 | Trackback | Comments(0)

緑さす


c0281841_12125688.jpg
みどりさす壁に牧草管理票

               福永耕二





c0281841_12203863.jpg




c0281841_12151403.jpg
ここは牧草地ではないと思いますが、句とこの景観が合うような気がします。場所は小林市にある「家畜改良センター宮崎牧場」のすぐ近く。その関連の建屋かと思いますが、長靴が楽しい ↓ 広々とした草原に新緑の大樹。とてもいい眺めでした。(撮影 宮崎県小林市細野)
c0281841_12152133.jpg



今日も爽やかなお天気で窓も開けたままにしたいのですが、近所の家の解体がはじまりました。隣保班10軒中4軒目です。ほんとうに淋しい限りです。いっちゃん(にゃんこ)が大きな音を怖がるので窓は閉めています。そのいっちゃんですが、昨日で丁度術後1か月。抜糸をしてから1週間。エリザベスカラーはまだつけたまま。傷の治りがとても遅いです。でも一か月もカラーをつけていると、まるで体の一部になったみたい?仕草がかわいくておかしくて時々笑ってしまいます。ごめんね、いっちゃん。
     
c0281841_11275096.jpg






[PR]
by soraski | 2017-05-18 08:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)

いっちへ

c0281841_16590249.jpg
4月13日 宮崎県の五ヶ瀬町は枝垂桜が満開でした。
前回掲載した浄専寺の隣にある、原田家の桜です。大きくて美しくて、私にはうまく撮る事ができませんでした。雰囲気だけでもお伝えできれば・・・。



c0281841_16590835.jpg





c0281841_16591272.jpg





c0281841_16591520.jpg





c0281841_16592057.jpg
二度目の激しい揺れからも一年がたちました。
明日、いっちが肥満細胞腫という腫瘍の摘出手術を受けます。我が家のメンバーの中で一番!地震で怖い思いをしたいっちです。ストレスも相当なものだったはず。なのに私ときたら保護したふーちゃんの事でいっぱいいっぱいでしたが・・。明日頑張って、そしてまた一緒に暮らそうね、なーんて呟いています。いっち、がんばろうね一緒にね。




c0281841_16592767.jpg

[PR]
by soraski | 2017-04-16 18:11 | 自然 | Trackback | Comments(0)

あれから

c0281841_10432094.jpg
(4月7日撮影) 
昨日ブログに掲載した写真は、隣の隣、になる町で撮りましたが、今日の写真はその前に私の町で撮った写真。ここは例年、お花見の人たちで賑わうのですが、お天気は悪いし、地震で地盤が大きく沈んでしまったので、車を乗り入れるのは勇気がいるかもしれません。だからなのか、誰もいませんでした。私は地震の後二か月間、河川敷ニャンズに毎日会いに来ていたので平気。地震後、河川敷の写真は携帯で撮ったことはありましたが、ちゃんとカメラを向けたのは初めてです。傷跡も思い切って掲載します。それでも、花の雨にすっぽりと包みこまれて美しかったです。
ここに最後までいたふーちゃんの事はまた後日。なんとか元気、です。
去年の4月11日、ここ河川敷で花吹雪の写真を撮っています。それも後日掲載できたら、、と思っています。




c0281841_10430213.jpg
いつものように蒲公英も咲きだしました





c0281841_10430615.jpg




c0281841_10431174.jpg





c0281841_10432815.jpg
ここでいつもニャンズのお世話をさせていただきました。ニャン友さん達もそれぞれの境遇に、猫たちとの別れを受け入れるしかありませんでした。





c0281841_10433123.jpg



満開
c0281841_10433507.jpg

[PR]
by soraski | 2017-04-09 11:34 | 自然 | Trackback | Comments(0)

春の雪

c0281841_13025145.jpg


梅しろくたそがれ給ふ仏たち

草間時彦


c0281841_13030514.jpg
2月10「岩屋公園」川辺町の清水磨崖仏です。雪が降ったりやんだりの一日で、春を実感するには程遠い一日。
公園内には銀閣寺を摸した和風カフェがありましたが、なんだかとても風情がありました。
そして、園内には川辺町出身の福永耕二の句碑がありました。42歳という若さで亡くなった福永耕二。今、句集を読んでいます。いつか俳句ブログでご紹介できたら・・・。







c0281841_13031867.jpg




c0281841_13032886.jpg




c0281841_13033011.jpg

[PR]
by soraski | 2017-03-14 08:00 | 自然 | Trackback | Comments(0)

冬木立



c0281841_1436257.jpg

青空と冬木立があまりにも綺麗で、何度も何度もシャッターをきりました。霧島より。


c0281841_14324818.jpg




c0281841_1433497.jpg


寒林をぬけてふくらむ冬日差

      長谷川二郎

c0281841_143637.jpg

[PR]
by soraski | 2017-01-27 08:00 | 自然 | Trackback

冬もみじ 4

c0281841_140124.jpg

12月19日  鹿児島県鹿児島市下福元町 「慈眼寺公園」(じげんじこうえん)

先日の「こころ旅」で放映されたこともあって、行ってきました。ずいぶん前に、紫陽花がきれいだと聞いて来たことがありました。今回が二度目。
紅葉の時期は既に過ぎており、着いた時間も遅かったのでブレブレ写真ばかりですが、行ってよかったです。街中にこんなに静かな場所があるなんて、信じられない、、
瀬音を聞きながら苔むす山中を歩いていると、心の隅々までが潤ってきそう。
ご近所の方が犬を連れて散歩をしていらっしゃいました。いろいろ教えてくださいました。慈眼寺公園によせる思いを感じ取りました。ありがとうございました。
桜橋、また桜の頃にこなくては。
c0281841_1402891.jpg




c0281841_1403628.jpg




c0281841_1404421.jpg




c0281841_1405188.jpg




c0281841_1405923.jpg




c0281841_141736.jpg




c0281841_1411422.jpg



現在の稲荷大明神社のある場所には、もとは観音堂があったそうだ。廃仏毀釈の名残がまたしてもここに。因みに薩摩の三ヶ寺は坊津の一乗院、志布志の宝満寺、とここ慈眼寺だそう。
c0281841_1412238.jpg



近くの谷山神社へ行く途中より、桜島ー!
c0281841_1413277.jpg



c0281841_1413985.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-30 08:13 | 自然 | Trackback

冬もみじ 3

c0281841_151929.jpg




c0281841_12315643.jpg

水に影ある旅人である 
          山頭火


c0281841_15191236.jpg

12月12日 鹿児島県いちき串木野市「冠岳花川砂防公園」
手入れの行き届いた、とても美しい公園です。冠嶽園には入れませんでしたが(定休日のため)、こちらの公園で十分満足。ここでも一人、いや二人の人を見かけただけだったような、、、もったいない。


c0281841_15192771.jpg




c0281841_15193890.jpg



ここにも原種の山茶花。とても美しい。
c0281841_15195856.jpg




弘法大師像
c0281841_1520923.jpg




c0281841_15202210.jpg




c0281841_15203272.jpg


本当に来てよかった!
鹿児島でこんなに紅葉を愛でたのは初めて。実はあともう一日あるのです。
c0281841_15204397.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-29 08:18 | 自然 | Trackback

冬もみじ 2

c0281841_13285284.jpg

鹿児島県いちき串木野市 「冠嶽神社」(12月12日)

鎮国寺をあとにして山道を走ってたどり着きました。厳かで趣きのある神社です。赤い太鼓橋が印象的。
川の名前は「花川」、橋は「花川橋」・・・
ここも本当に静かでした。殆ど人もいなくて、もったいない気がしました。

c0281841_13285921.jpg




c0281841_1329611.jpg




c0281841_13291338.jpg




c0281841_13292219.jpg




c0281841_13293040.jpg



神社の隣にあった中国風庭園「冠嶽園」↓、残念な事に定休日でした。
冠岳には「徐福伝説」があり(詳しくはないのですが・・・)、始皇帝の命を受けた徐福が、不老長寿の薬草を求めていちき串木野にある照島海岸に上陸し、そこから冠岳にたどり着いたという事らしい。でも、これには諸説があるようです。
冠嶽園は、徐福の故郷中国との友好交流の願いを込めて作庭されたそうです。先に行ってきたばかりの頂峰院の跡地だそうで、廃仏毀釈の名残がここにも。
c0281841_13293851.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-28 08:28 | 自然 | Trackback

冬もみじ

c0281841_1629835.jpg

鹿児島県いちき串木野市上名にある「冠嶽山 鎮国寺 頂峯院」(かんがくさん ちんごくじ ちょうぼいん)の紅葉(12月12日)
一番美しい時期は過ぎていましたが、散る紅葉もまた風情があるものです。冠岳(かんむりだけ)は薩摩屈指の霊山だそう。初めて行ってきたのですが、なかなか良かったです。
早朝に家を出て、朝の静けさの中、写真を撮りました。

c0281841_16291765.jpg





c0281841_16292470.jpg




八手の花はいつ見ても寂しい。
c0281841_16293223.jpg





c0281841_16294026.jpg





c0281841_1629506.jpg




山茶花の原種がこちらのお寺さんにも、このあとに行く中国風庭園にも、たくさん咲いていました。きれいでした。
c0281841_1630134.jpg





c0281841_1630924.jpg

[PR]
by soraski | 2016-12-27 08:32 | 自然 | Trackback